admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 2月13日

201002130510.jpg
am5:10 
阿弥陀岳北稜に向けて出発です.

今回は赤岳山荘まで車で来ました
201002130700.jpg
am7:00
かなり明るくなってきました
行者小屋まで後少し、天気予報では微妙な天気のようでしたが、なんだかイイ感じみたいです




201002130730.jpg
am7:30
行者小屋に着きました。
今から登る北稜が見えます



201002130750.jpg
am7:50
支度を整えて朝ゴハンを食べて出発です



201002130830.jpg
am8:30
行者小屋から40分
数日前のトレースが薄く残っていたり消えたり…



201002130840.jpg
am8:40
快晴です本当のダイヤモンドダストを始めてみました
キレイ過ぎてビックリです



201002130842.jpg
真っ白なパウダーに影



201002130850.jpg
am8:50
JPへの登りは結構 急です





201002130855.jpg
JPで少し休憩して、ここからはコンテで行く事にしました。
後ろに硫黄岳~赤岳への稜線が見えます




201002130920.jpg
am9:20
第一岩稜への登り



201002130925.jpg
am9:25
滑落しても大丈夫なように木を縫うように登ります



201002130930.jpg
am9:30
第一岩稜取りつきです
途中でガイドになるための試験中のガイドの卵さん達に抜かれたので順番待ちです



201002130936.jpg
ガイドさんの登るのを見学中のRR




201002130937.jpg
中岳から赤岳までスッキリ見えます




201002131020.jpg
am10:20
獅子丸 第一岩稜を登ります…
ゲッ!!悪い…悪すぎる…といったん引き返しました…『RR落ちるかも…ビレイ頼む』



201002131050.jpg
am10:50
第一岩稜上部をRR登ります




201002131106.jpg
am11:00
第二岩稜…ここも悪い…
上の尖った岩にスリング カラビナで確保点をとってあります



201002131125.jpg
am11:25
尖った岩の上です
第二岩稜上部のナイフリッジは思ったより狭かった…



201002131126.jpg
RRはナイフリッジで写真を撮っている




201002131130.jpg
am11:30
ナイフリッジから獅子丸のビレイを写真に撮っています
ビレイをしている獅子丸。。。ロープが垂れてるよ



201002131150.jpg
am11:50
獅子丸、最後はRRにコンテで引いてもらいながら頂上に向かいました



201002131152.jpg
着いたー阿弥陀岳頂上

[広告] VPS


[広告] VPS







201002131153.jpg
二人で記念撮影




201002131155.jpg
am11:55
頂上のお地蔵様と



201002131202.jpg
pm12:00
下ります




201002131210.jpg
pm12:10
阿弥陀岳からの下りは かなり急でトレースも無かった
正解なのか間違いなのか分からないまま安全そうな場所を下りました



201002131216.jpg
pm12:15
下るRR



201002131240.jpg
pm12:40
中岳への稜線にもトレース無し



201002131243.jpg
自分達だけのトレースでテンション上がりました




201002131250.jpg
pm12:50
阿弥陀岳を振り返ると、どこを下ってきたのかも分かりませんでした


[広告] VPS






201002131310.jpg
pm13:10
中岳を過ぎて途中から少し天気が怪しくなってきました




201002131320.jpg
pm13:20
風も強くなってきてロープが浮いてます


[広告] VPS






201002131330.jpg
pm13:30
文三郎尾根まで来ました
時間があれば赤岳~地蔵尾根と考えていましたが、今回は下山です



201002131415.jpg
pm14:15
朝の阿弥陀岳分岐点まで帰ってきました




201002131545.jpg
pm15:45
美濃戸山荘前の分岐点です。結構 疲れたぁ



結果

微妙かと思われた天候も晴天で最高でした。
初めて見たダイヤモンドダストはキレイ過ぎて『天国みたいね…』と感激しました
JPへの登りも急でしたが第一岩稜手前は、それを超える急斜面でした
ガイドさん達に抜かれたので順番待ちをしましたが、かなり時間がかかっていました。
ガイドさん達が『一年に一回あるか無いかの悪さだ…』
と言っていました。下から見ていて、こんな簡単な岩に どうして手間取っているのかなぁ??
と疑問でしたが…自分で取りついてみて…ヤバイ…落ちる…
いったん引き返して『これヤバイ…RR無理じゃないかなぁ…』と言い残し登り。
獅子丸『ヤバイ落ちるかも…』っと何とか登れました。RRの方がすんなり登ってました……
50メートルのロープを持って行きました。
第一岩稜の取りつきから第二岩稜の取りつきまで丁度50メートルロープで行けるみたいですが
私たちは第二岩稜手前で1ピッチ切り、合計3ピッチで登りました。
第二岩稜の取りつきにはペツルのハンガーボルトが打ってありました。
第二岩稜の右側は切れ落ちていて、落ちたら死ぬな…って感じでした
途中ピナクルにタイオフしてナイフリッジ上部に木の枝?根?が出ていたので、そこでビレイをしました
ガイドさんの試験中だったので何度も待ち時間があり、体が冷えました
ナイフリッジは思ったより狭く結構な高度感がありました。

阿弥陀岳の下りは噂通り急でトレースも無く苦労しました

中岳~赤岳への稜線にもトレースは無くバテバテながらも景色のキレイさに見惚れながら快適に歩けました

赤岳も考えましたが時間的にも天候的にも間に合いそうになかったので、分岐から下山しました
行者小屋からの帰り道 バテバテ…やっとの思いで車に帰ってこれました


[広告] VPS

まぁ こんな感じです・・・・・


banner2.gifにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
テーマ:●´ー`● - ジャンル:日記



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 山登りできるかな?, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。