admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月28日
IMG_0684_convert_20080715213936[1]

一ノ越から龍王岳へ向かう
IMG_0687_convert_20080715214548[1]

龍王岳

DSC02254_convert_20080715214816[1]

練習中

DSC02257_convert_20080715215322[1]

ここから出発

DSC02265_convert_20080715215711[1]


DSC02261_convert_20080715215913[1]

ここを登っていく

DSC02267_convert_20080715221001[1]


DSC02276_convert_20080715221457[1]


DSC02279_convert_20080715222217[1]


DSC02284_convert_20080715222507[1]


DSC02288_convert_20080715223057[1]


DSC02289_convert_20080715223253[1]

龍王岳山頂

DSC02291_convert_20080715223624[1]

浄土山  富山大学の研究施設

IMG_0697_convert_20080715224040[1]

一ノ越でご飯








初のバリエーションルート。

ロープも要らない1級岩場と言われているけど

始終、緊張がピークに達したまんまで

頭がおかしくなりそうだったガーン


たまに現れるハイマツの群生が心を癒してくれるが

またすぐに岩岩岩の絶壁祭りがっくり



あたしは生きて帰れるのか。。っと、生まれて初めて本気で『ヤバイ』って思った。




案の条、もう少しって所で敗退。



敗退したものの、そこから下るのも至難の業。。

いつ落石がくるやもわからず、ひたすら独り言を言いまくっていた。

遠くでたまに聞こえる落石の音が不安を倍増させ、頭はもっとパニックに。。



下りきった時の安心感はとてつもなかったです。

人間、本気でヤバくなると全然泣けないのですね。。

そして、ヘルメット買おうと思いました。。



龍王岳には相方くんが登頂しました。


2号くんは、あたし一人では危ないとのことで

あたしと、途中で下りました。



一ノ越に行くと、おじさん2人に遭遇。


おじさん曰く



『みんな、龍王岳で練習して剱の〝窓〟の方に行くんだよ』     



と。。。









あー








無知って恐ろしい。






がっくり


とにかく生きて帰ってこれてよかったです。

今日もありがとうございました。







banner2.gif左1-GL神経すり減らしても
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ左体重は減らないんですね。。



おまけ
IMG_0676_convert_20080715234226[1]

お得意のCM第二弾! 『山には断然プラティパス!!』
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 山登りできるかな?, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。