admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~下ノ廊下の巻4の続きです~




IMG_1752.jpg
川沿いをひたすら歩きます。



続きます。↓
IMG_1754.jpg




IMG_1759.jpg




IMG_1769.jpg
大きな岩がドカーン。




IMG_2426.jpg




IMG_1773.jpg
相方くんが写真を撮っている間に、すかさずひと休み。




IMG_1774.jpg




IMG_2427.jpg
合掌。




IMG_2429.jpg




IMG_1781.jpg
歩いてきた道を振り返る。




IMG_1783.jpg




IMG_1785.jpg




IMG_2431.jpg




IMG_2432.jpg




IMG_1797.jpg
ここら辺の景色が一番気に入りました脱・童顔
谷が深くて、紅葉がキレイで素晴らしかったんです紅葉




IMG_2436.jpg




IMG_1810.jpg
14:17 内蔵助谷出合。




DSC03020.jpg




IMG_1814.jpg
内蔵助谷を見る。




IMG_1819.jpg




IMG_1821.jpg
御前谷。




IMG_1823.jpg




IMG_1824.jpg
向かいには切り立った山々が見えます。




IMG_1827.jpg




IMG_1829.jpg




IMG_1830.jpg




IMG_1832.jpg




IMG_1833.jpg




IMG_1834.jpg




IMG_1838.jpg




IMG_1839.jpg
14:45 ダムの建物が見えてきました。




IMG_1841.jpg




IMG_1845.jpg
カロリーメイトを食べ、口からボハボハふきだしながら必死で歩いていました。




IMG_1848.jpg
15:00 黒部ダムが見えてきました。




IMG_1851.jpg
放水ドーーーーーーーーーー。




IMG_1850.jpg
ダイナミックー!!




DSC03022.jpg
黒部川を対岸に渡ります。




IMG_1858.jpg




IMG_1859.jpg
最後のダムまでの登り。
聞いていた以上にキツかったですがっくり
ゾンビのありさま。。




DSC03024.jpg
なかなか急なのです(;´Д`)




IMG_1864.jpg
でも、人見平からの登りに比べたらヘッチャラだよね。。




DSC03025.jpg




DSC03026.jpg




IMG_1868.jpg




IMG_1869.jpg
15:40 黒部ダム着。




IMG_1872.jpg




IMG_1878.jpg




IMG_1879.jpg






黒部ダムに着くと、感動と達成感から自然と涙が出てきました。

でも、それ以上に冠松次郎と宇治長次郎の歩いた黒部の谷に少しでも触れることができたことを、とても幸せに思います。


この谷では目に映るものすべてが『美』でした。

碧い水、険しい岩肌、勇ましい白竜峡の流れ、黒部川を見守る深い谷、そしてその谷を見守る周りの山々。。

あげたらキリがありません。


時折、あまりの谷の深さと、周囲の静けさに恐怖がこみ上げてきました。






黒部湖ができるずっと昔の荒々しい川の流れとは、どのようなものだったのか。

冠松次郎等は、どんな想いでこの谷を歩いたのか。





冠松次郎が謳った『偉大なる廊下の峡谷』




ここでは、言葉で言い表せないくらいの素晴らしい感動に出会えます。






IMG_1902.jpg







banner2.gif左1-GL生キャラメルをお土産で頂きました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ左アレは、お取り寄せしてでも食べたい逸品(´ω`)
テーマ:♬*:♬♪゚・:,。♬ - ジャンル:日記



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 山登りできるかな?, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。