admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月7日



P1010573.jpg
7:20 駐車場を出発。




P1010578.jpg
大日平までは急登が続きます。
相方くんはトレーニングのため、自分のペースでどんどん登っていってしまいました。
自分はもちろん着いていくことはできず。。でも必死に登っていきました。




P1010580.jpg
8:18 猿が馬場。
ポイントポイントで相方くんが待ってくれていました。




P1010585.jpg
8:37 牛ノ首。




P1010586.jpg
キティちゃん、ご苦労様です!!
標識12(危険注意)このキティちゃんの旗のある所。
行きの時はガスと必死なので気づかなかったけど、谷側が地すべりしたような。。
かるい土砂崩れのようになっていて足を滑らせたら下まで真っ逆さま。。のようになっていました。
下りではビビリながら、ゆっくり通りました。




P1010589.jpg
8:50 大日平。
相方くんは、アッという間に風のように消えてゆきました。。
木道。。濡れていたためとにかく滑る!!
この日は何度も股裂けの刑にあいました。。。げっそー




P1010592.jpg
9:30 大日平山荘。




P1010591.jpg
休憩。
まだ小屋は営業していませんでしたが、ご主人が小屋開けの準備をされていました。
ご苦労様ですjumee☆thanks4




IMG_6230.jpg
大日平山荘の裏より、弥陀ヶ原から流れ落ちる不動滝と称名川。




IMG_6231.jpg
ズーーーーーーーーーームデジカメ
落差90mを誇る不動滝。
こんなガスガスの中だったけど見ることができたので、とても嬉しかったです。




P1010598.jpg
9:40 大日岳へ向けて出発。




P1010599.jpg
まだまだ、たっぷり雪があります。
標識12(危険注意)軽アイゼンではかなり不安でしたが、とりあえず行ける所まで行ってみることに。。
朝でまだ雪がかたくて一歩一歩慎重に歩いていきました。
登るにつれ急になっていくので不安倍増で泣きそうになりました。
ピッケルが無かったのも痛かったです。

今回はいろいろと反省点多しです。。。




P1010603.jpg
12:00 やっと稜線が見えてきました。
ここから相方くんは『直登する!』と言い大日岳へ向かわれました。。。




P1010609.jpg
あたしはそのまま右にトラバースして夏道に出ました。
すでに登頂はあきらめ、ちょうど大日小屋が見えるこの場所で、
たまに見える立山の景色を眺めながらパンを食べ相方くんが戻ってくるのを待っていました。




IMG_6235.jpg
なんとかたどり着いたピークには雷鳥の夫婦が待っていてくれたようです。




IMG_6240.jpg
12:29 大日岳着。




IMG_6251.jpg
ペタ手書き風シリーズ25手




IMG_6239.jpg
雷鳥と剱岳。




IMG_6246.jpg
ドカーーーーーーーーーーーンと剱岳nico
左が早月尾根。写真右が前剱、その左のくぼんだ所が門。




IMG_6263.jpg
奥大日から立山に伸びる稜線。




IMG_6268.jpg
12:45 大日小屋。
相方くん、ここから夏道に出るも途中の雪渓で道がわからなくなりそのまま称名川方面の谷へ降りる。
あたしは、ココへ来るものだと思い込みひたすらその場で待つ。。。。。。


しかし、

待てども待てども姿は見えず。。。






もちろん。



半ギレ・半泣きで電話しました。。

(電波繋がるところでよかったです)

相方くんは、すでにお得意のグリセードでだいぶ下まで下っていて元の谷へ出ていたので、
あたしも急いでガスの中を着た道を引き返し、トレースをたどって下っていきました。
だいぶ雪も緩んでいたので楽に下りることができました。

相方くんの声が聞こえた時は本トにホッとしました。



IMG_6276.jpg
ここまでくれば、もう一安心。




IMG_6293.jpg



帰りに大日平山荘で休憩し、小屋のバッジを買おうしたら財布に万札しかなく。。

『地元やしいつでも来れるがいからまたおいで♪
。。。とご主人になだめて?頂きました絵文字名を入力してください
そして、
まさに『ショック!!!』と顔に書かれたようなあたしの顔を見て、哀れと思われたのか登山用品のギアカタログをくださいました笑




P1010619.jpg
大日平から牛ノ首までは急な下りです。
慎重に。。(おっちょこちょいなあたしはとくに!!!!)




P1010620.jpg




IMG_6320.jpg
悪城の壁。
ちなみに。。あたしは春先のまだ緑がない岩々しい悪城の壁の方が大好きです。




P1010628.jpg
下界は快晴でした。




P1010629.jpg
ムシムシと暑いくらいです。




IMG_6324.jpg
16:36 登山口着。




IMG_6325.jpg
ハンノキ滝。




P1010631.jpg
帰りに、あるぺん村のミニ動物園にいるヤギや羊に会いにいきました。

左斜め上からの超がつくくらいの頭突きに圧倒され、ヤギ世界の上下関係の厳しさを知ったひと時でした。


観察した結果、
どうやら、あるぺん村の子たちはヤギより羊の方が強いようです。。






banner2.gif左1-GL北陸もそろそろ梅雨明けでしょうか。。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ左早くお山に行きたいですカエル
テーマ:(´・ω・`) - ジャンル:日記



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 山登りできるかな?, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。